著名人

柔道体罰ヤンキー先生は三輪光「体罰はうっぷん晴らし」はウソ?

全国大会で10連覇したことでも有名な、飾磨工業高校の柔道部で、顧問3人による生徒への体罰が問題視されています。

本柔道部は、昨年末から休止状態となっていることが、学校関係者への取材で分かっています。(神戸新聞NEXT)

体罰指導を行った教諭の中には、あの有名なヤンキー先生もいることが判明。ヤンキー先生はすでに特定されており、名前は三輪光氏と言われています。

三輪氏は、以前に「体罰はうっぷん晴らしとしか思えない」とまで発言していた方で、体罰否定派です。何かの間違いではないのか。

また、本当に問題になるような体罰があったのかを調べました。

体罰教師は誰?三輪光教諭ら3人はどんな体罰を行った?

体罰を行ったとされる3人は、現在のところ自宅待機の処分が下っています。

3人とは、三輪光教諭、また三輪光教諭の長女で20代の非常勤講師。そして20代の男性講師がいました。三輪氏以外は不明です。

ことの発端は、12月下旬の大会。部員たちの成績が振るわなかったことで、顧問から「もっと練習を厳しくする」と叱責がありました。

ここで、1~2年生10人らが家出するトラブルへと発展

具体的な体罰の方法は不明ですが、「叱責されたからすぐに逃げた」のではなく、過去の体罰など厳しい指導があったことを生徒らは説明しています

学校はこの事件を機会に、柔道部の活動自粛を起こっています。そこで問われるのは、体罰の内容ですよね。

三輪氏は体罰否定派なので、考えられないトラブルとも言えるでしょう。

「体罰はうっぷん晴らし」はウソ?体罰の温床は整っていた

調べていくと、指導者と生徒の間には、体罰が常日頃から行われる温床がありました。

と言うのも、三輪光氏はメディアに多く取り上げられている際に、時には鉄拳が飛ぶことがあったようです

これについては、テレビで指導風景が放送されています。当時、放送された「関ジャニ ありえへん」という番組です。

感想として以下のように語っている視聴者がいます。以下、引用をさせていただきます。

時には鉄拳も・・・
行き過ぎの指導やテレビ的演出・・・調子に乗っている等・・・
色々つぶやく人は多い、しかし生徒以上に先生に感謝している親の姿を見ての事か!

引用元:FM COCOLOど真ん中

指導の際に、時には熱くなって鉄拳が出ている様子があったようですね。

「テレビ的演出」ともありますので、ちょっと激しいことがあったことも予想できます。これらのことから、自然と体罰が起こっていても不思議ではありません。

預けられる生徒の問題点

また、生徒にも多少の問題があった部分はあるのかもしれません。

偏見はいけませんが、親御さんが手を焼くレベルの生徒がやってきて、ヤンキー先生が指導していた側面もあります。

手を焼くレベルとは、非行に走りかけた部員などです。

実際に、そういった生徒がいた際に、三輪先生みずからが子供のために指導を頑張ったことは評価されています。

まだ未成年で非行に走りかけた生徒がいた場合、話して分かりあえないケースもあるでしょう。そういった場合に、体罰などがあった可能性も否定しきれません。

どうしても体罰と聞くと、先生側が責められてしまうのですが・・。

生徒が悪いという報告はありませんが、そういった指導法の中に体罰と愛情の境界線がなくなっていった可能性もあります

人格者としてとても評価されている

著書のレビューなどを読めばわかりますが、人格者としても評価されています

ヤンキーだった過去を上手く生かし、生徒たちも救ってきたはず。

人に感動を与え、生徒たちの支えとなる教師だったはずが、なぜ今回のようなトラブルに発展したのか。

教師と生徒間で意思疎通が上手くいっていなかった可能性は高いと思われます

過去に語られている、「体罰はうっぷん晴らし」と暴力指導を否定していることはウソではなく、本当であると願いたいところです。

-著名人

Copyright© うわさエクスプレス , 2020 All Rights Reserved.